ポーカーについて取り上げた映画作品 ベスト3

カジノや賭け事に関する映画には緊張感が溢れています。1枚の決定的なカードやサイコロが、誰かの人生を破滅させたり、億万長者にさせたりするのです。これらの映画では、通常、主人公は非常に困難で絶望的な状況に置かれており、人生が細い糸一本にかかっていたりもするため、リスクに溢れるドラマティックな作品となっています。

そのような理由から、カジノや賭け事を描いた映画がとてもエキサイティングであることは不思議ではありませんね。最も有名なカジノゲームのひとつ「ポーカー」は、映画の中にしばしば登場します。

ポーカーは、鋼のような精神、卓越した思考、途切れない集中力、そして冷静な態度が要求されるゲームです。だからこそ、ポーカーは、自分でプレイしても大画面で見ているだけでも、最高にエキサイティングなゲームなのです。

『マーヴェリック』 (1994年)

1994年製作の『マーヴェリック』は、リチャード・ドナー監督、ウィリアム・ゴールドマン脚本のアメリカの軽快なコメディ映画で、メル・ギブソン、ジョディ・フォスター、ジェームズ・ガーナーが出演しています。

アメリカの西部開拓時代のギャンブラー、ブレット・マーヴェリックは、大規模なポーカーイベントに向かいますが、イベントの入場料には3千ドルが必要でした。そこでマーヴェリックは、若き詐欺師のアナベル・ブランスフォードと手を組み、自分が最も得意とするギャンブルでお金を稼ごうとします。

3千ドルを手に入れようとする二人は、面白おかしい、時には危険な状況に巻き込まれていきます。全体的に見やすい映画なので、楽しく鑑賞できるでしょう。

『モリーズ・ゲーム』 (2017年)

アーロン・ソーキン監督の『モリーズ・ゲーム』は、モリー・ブルームの回想録に基づいた、アメリカのドラマ映画です。イドリス・エルバ、ケビン・コスナー、マイケル・セラ、ジェレミー・ストロング、クリス・オダウド、ジョー・キーリー、ブライアン・ダーシー・ジェームズ、ビル・キャンプらが出演しています。

オリンピックを目指す世界クラスのフリースタイルスキーヤーであるモリー・ブルームは、2002年冬季オリンピックの予選で重傷を負い、キャリアを絶たれてしまいます。ロースクールへの進学を断念して野心を失ったモリーは、ハイステークのポーカートーナメントを開催すれば、お金を稼げるのではないかと考えます。同作では、人生の浮き沈み、そして、かつての自分自身を取り戻すための苦闘が描かれています。

『ワイルド・ギャンブル』(2015年)

『ワイルド・ギャンブル』は、アンナ・ボーデンとライアン・フレックが監督・脚本を務めた、2015年のアメリカのドラマ映画です。ライアン・レイノルズ、ベン・メンデルソーン、シエナ・ミラー、アナリー・ティプトン、ロビン・ワイガート、アルフレ・ウッダードらが出演しています。

主人公であるゲリーとカーティスの二人が、アイオワ州のカジノで出会います。若きギャンブラーのカーティスは、不動産のギャンブルで運に見放されて失敗したゲリーに酒を奢り、そのお返しとして、カーティスと一晩中パーティーをすることに…。

ゲリーは、カーティスにギャンブルクルーズに一緒に参加することを提案し、そこから二人の冒険が始まります。美しい友情、そしてギャンブルに溺れていく姿が描かれた作品です。以上、今回ご紹介したのは、有名なポーカー映画のほんの一部で、この他にもポーカーをテーマにした映画は数百とあります。どの国にもポーカー映画はあると思いますので、アメリカンムービーがお好きではない方は、他の国の作品を探してみてくださいね!